小説「自転車旅行のつもりが・続編」 その2
紅葉だって・・・

確か今は、梅雨明け間近の初夏の時期だったはず?
と、言うことは数ヶ月もの間、気を失ってたのか。

恐る恐る、その男に聞いてみることにした。

私「あの~、今何月です?、ちょっとまだ頭がぼ~っとして記憶がはっきりしないもので・・・」

男「今?・・・7月ですよ。」

私「えっ?あの紅葉って?」

男「ああ、ここは紅葉で有名なところなんですよ、綺麗でしょう!結構穴場なんですよ。でも、もう直ぐ見ごろは終わりですけどね・・・笑」

私「そうか、この辺って紅葉が早いのか!まあ、最近の異常気象もあって、いろいろとあるのだろうな。しかし、てっきり、私が秋までの数ヶ月気を失っていたのかと思ってしまった。良かった」

そして、しばらくこの辺りの名所を聞きながら、その男と一緒に山を降りて行った。
どうやら、住所を聞くと、かなり走ってきてたらしく、家まで戻るのに2~3日はかかりそうだ。
そこで、どこかこの辺りで泊まれるところはないか聞いてみると、彼の家でよかったら、今晩泊めてくれるとのことだった。

これは、ラッキーと思い、すぐさまお願いして、彼の家まで一緒に行くことになった。

山を降りること、約1時間はかかっただろうか、私は自転車だが、彼は歩きなので、押しながらの移動だったし、そのせいもあって、結構時間を費やしたのだろう。

日が暮れて、真っ暗になったころ、彼の家に到着。
辺りには、ポツポツと家があるが、そんなに寂しいところではなさそうだ。
近くに神社か広場があるのか、かなり赤々としてて、何か夏祭りでもあってるのだろうか!

彼の家に入ると、家族が暖かく迎えてくれた。
奥さんと娘さん。
その娘さん、年は20歳前後か、とても綺麗な子だった。

妻子持ちの私としては、そんな気持ちを抱くのは良くないことだが、ここはまあ独身ということで通しておこうかと・・・(笑)
自転車に乗ってるだけあって、結構若く見られてるのかもしれないし・・・

部屋に入ると、前もって、連絡をしていたらしく、夕食の準備までしてくれたようだ。
お酒も少々頂き、とてもいい気分になったころ、娘さんが祭りに行きませんか?と誘ってくれた。

私「え?祭り・・・ですか」

娘「はい、今日は年に一度のお祭りなんですよ! 直ぐ近くの神社でやってますので、良かったら一緒にいかがですか?」

この誘いに乗らない男は居ないでしょう!

すぐさま・・・
私「はい、喜んで・・・!!」

そう言うと、支度をしてくるからと、娘さんが奥へと引っ込んだと思ったら、数分後に浴衣姿で現れた。
いや~たまりません!
自転車旅行に出て、初めていい気分を味わいました。

そして、ほろ酔い気分のエロ親父・・・いや私と・・・二人きりで、神社までデートです。
このときだけは、妻や子供のことをすっかり忘れてしまいました。

道中、私は祭りのことについて聞いてみました。

私「この祭りってどんな祭りなんですか?」

娘「月を敬う祭りなんですよ! 年に1度、月がこの神社の真上を通過するタイミングがあって、そのタイミングが毎年この時期なんです。」

・・・昔からの言い伝えで

月は地球の周りを回って、いつも地球に住んでる人たちを見守っています。
つまり、月は地球にとっては守り神というもので、年に一度、その感謝の意味を示すために、丁度真上に来る時期に祭りを行い、月を敬うとのこと。

私「へ~!そうなんだ。普段何気に見てる月だけど、そんな慣わしがあったとは知らなかったなぁ!」

神社に着くと、露店がいっぱい立ち並び、たくさんの老若男女が楽しんでました。
私も、すぐに溶け込んで、地元の人たちと踊り、お酒もいっぱいもらい、楽しませてもらいました。

それから1時間は経ったでしょうか。

気分も最高潮に達した頃、ちょっと娘さんを神社の裏へと誘いました。
決して変な気持ちじゃないですよ。(半分は・・・)

表の賑やかさと比べて、神社の裏は、とても静かです。
それに星空がとてもロマンチックな気分にさせてくれます。

そして、草むらに二人腰掛け、のんびりと夜空を眺めていると、なんだかこのままずっと一緒に居たい気分になってきました。

妻や子供のことを忘れて・・・
どうせ、ひとり旅だし、たまには、いいよね~
こんなことは、滅多にないことだし。

夜空には、まあるい月。

私「綺麗な月ですね・・・」

娘「本当、満月になるのはこの時期だけなんですよね!とても綺麗な月です」

私「なんで、月って黄色く見えるんだろうね・・・」

私は、何気なくつまらない質問で彼女の気を引こうとしてみた。

娘「ええ!なんで黄色いんでしょうね。 でも黄色い月もいいけど、東の空の赤い月も綺麗ですよね!」

私「本当だ!赤い月もいいねぇ・・・赤い月?・・・・・」





そうです、東の空にも月がもう一つ、しかも赤いのです。

私「何、あの月は?・・・太陽じゃないよね?何?」

娘「また、冗談を・・・・! 本当面白い人なんですね。 でも2番目の月はなんで赤いのでしょうね。 それに、もうすぐ3番目の青い月も出る時間だし!」

私「え・・?月って・・ひ・ひとつじゃないの?」

娘「かなり酔われてるんじゃないですか? それとも冗談がお好きだとか? 3つの月にむきになるのって」


え、まじ? 月が3つって、ここは地球じゃないの?
どう見ても地球だけど・・・別の惑星なの?

もしかして、今までの出来事って夢じゃないってこと?

私は、また何がなんだか判らない状況に陥り、唖然としてしまった。
私の顔色を見て、酔って気分を悪くしたのだと思い、娘さんは家まで連れて帰ってくれたようだ。

それから朝まで寝込んでしまったようです。

~続く~
小説「自転車旅行のつもりが・続編」 その3へ