朝チャリ その178(朝チャリBLOG1周年を前にして)
FI958500_0E[1]

今日で1月も終わる。

丁度1年前、BLOGを始め、「朝チャリ」を記事に書き込んだのをきっかけに、今日でまる1年、朝チャリだけで178回に達した。

明日から2年目に入るが、どうやら今晩から大荒れの天気で大雪になりそうである。

とりあえず今朝は、なんとか晴れ間が残っており、嵐の前の静けさというのだろう。

しかし、寒いというより冷たいのである。

海岸では、かなりの強風であった。

1年前の2/1にとりあえず撮影を始めたショットは、ローアングルからの景色であった。
【2004/2/1朝チャリ】

同じように今朝もローアングルで撮影してみた。
朝チャリ その177(寒波の前の青空2)
FI954084_0E[1]

今朝もとても天気がいい!

朝から素晴らしい青空が広がっている。

しかし、明日は寒波が来るというのだ!
朝チャリ その176(寒波の前の、青空)
FI950035_0E[1]

今朝は、素晴らしい青空に恵まれた。

風は冷たいが、とても気持ちのいい朝だ。

気温も10度前後はあるようだ。

海岸に来ても春を思わせるような感じがする。

しかし、久しぶりに汗びっしょりになってしまった。
朝チャリ その175(久しぶりの海岸)
FI934221_0E[1]

しばらくショートコースを走っていたため、久しぶりの海岸(海水浴場)である。

去年の夏場は、猛暑でかなり賑わったところだが、今は人一人も居ない。

路上には、風で舞った砂が雨で土のように盛り上がっていた。

砂の上って、タイヤがスリップして転倒しやすのだが、水分を含むと土の上のように楽に走れる。

しかし、雲が重い。今にも降りそうな天気だ。

今日は、気温が少し高めなのだろう。 雪にはなりそうにない。
朝チャリ その174(久しぶりの青空)
FI929986_0E[1]

海沿いのカーブ!

久しぶりの青空だ。

まだ風は冷たいが、青空が見えただけでもいいかな?

夜勤明け!なぜか体が軽く感じる。。。気分的なものかな?
朝チャリ その173(睡魔との闘い)
FI921890_0E[1]

仕事明けの気だるい気分!
気温は2~3度程度、風は弱い。

帰宅後、準備をして直ぐに出発した。

雲は多いが、わずかに晴れ間も覗かせている。
寒い朝だが、風が無いととても走りやすい。

それにしても眠たいのである。この気だるい気分と体に鞭を打つかのように走ると、この後とてもよく眠れる。
朝チャリ その172(寒さとの戦いその5)
FI918311_0E[1]

夜明け頃、外は小雪がパラパラと舞っていた。
とても寒い!部屋の中も寒いのだが、外は暗さと「雪」で一層寒く感じる。

雪国に住んでいる人には、当然のことであるが、南国九州^^; ではたまらないのである。
次第と日が登り始め、辺りが明るくなってくる。小雪が時々舞っている。

少し日が差し始めたのでチャンスと思い、いつもの防寒準備をして、いざ外へ・・・
寒い!冷たい!痛い!
前から来る風を避けながら?も走り出した。顔が痛い!

風を避けるため、池沿いにコースを進んだ。
日差しだけは、ありがたいのだが、池沿いも寒い。

でも、今日も走った!!
朝チャリ その171(寒さとの戦いその4)
FI914515_0E[1]

今朝は、昨日の晴れ間はなく、また寒い冬に戻ってしまった。

しかも、小雪が舞っているではないか^^;

海岸線は強い風が吹いている。なかなか前に進めない!

この時期、また風との戦いである。迎い風ほどつらいものはない。

海は、白波がたっている。強風であまりゆっくりと見ながら走ってる状況ではないが、海岸には誰も居ないようだ!
朝チャリ その170(暖かい日差し)
FI910821_0E[1]

濡れた路面に照りつける日差し!
寒い朝に、この太陽はとてもありがたい。
ここ数日、寒く冷たい日が続き、太陽を拝んでいなかった。

朝方降った雨も直ぐに止み、とても暖かい日差しで路面の水も蒸発していくようである。

しかし、このような濡れた路面を走ると、チャリもウェアも泥はねで大変な状態です^^;
朝チャリ その169(防寒対策)
FI906785_0E[1]

どんよりと曇った空!
寒さは、冷たさへとかわっているようだ。

足は、常に動かしているので、それほど寒くは無いのだが、チャリ用のウェアだけでは、なかなかむずかしくなってきた。
そのため、スキーの時に使っているスパッツを下に履いてみると、これがなかなかいける。
伸縮性があるので、動きの妨げにならない!

しかし、帰るころにはかなり暑くなってしまった。
朝チャリ その168(寒さとの戦いその3)
FI887878_0E[1]

朝の爽やかな風を浴びて、海岸線を走る。
気持ちいい潮風と波の音。心が洗われるようだ!
このまま砂浜まで走って行き、飛び込んでみたい!

・・・・冗談じゃない!!
この寒い中、誰が好んで風の強い、今にも雪が降りそうな天気に、きつい思いをして、しかも風当たりの強い海まで走りますか!!

体は冷え切って、耳は痛いし喉は痛いし、顔がビンタされたように麻痺してるし。

でも、走るんです!私は・・・・^^;
朝チャリ その167(今年初めての崖っぷち)
FI880382_0E[1]

崖っぷちシリーズ、今年初めての崖である。

この時期、風がとても強く、近寄るだけでも怖い!

海側からの風だからいいものの、逆だととてもじゃないが近寄れない。

チャリにまたがった状態なので、バランスを崩さないようにしているが、時折吹く強風にヒヤヒヤものである。