FC2ブログ
朝チャリ その166(寒さとの戦いその2)
FI876515_0E[1]

今朝も寒い!しかし、昨日に比べれば幾分陽が差してるだけましかもしれない。

太陽の日を浴びると、生き返ったような気がするが、すぐに冬の寒さへと戻ってしまう。
雲が厚いのだ。

空は、空気が澄み切っているだけにまさに青だが、写真で見る限りは判らない!

早く、春よ来い!!
朝チャリ その165(寒さとの戦いその1)
FI872997_0E[1]

1月も早いもので、1/3が過ぎようとしている。
今年は、仕事の関係で正月の感覚がまったく無かったが、この寒さだけは季節感を感じる。

また、チャリにはつらい季節がやってきた。
夏場は暑さがネックになるが、走れば風を受けて幾分冷却される。
しかし、冬場はよほど走らないと、体が温もる暇がない。

走り初めが、とてもつらいのである。
体がなかなか温もらないため、持続せず短距離で終わってしまう。
無理は禁物だが、少しずつ慣らしていくしかないだろう。

今日は、池沿いを走ってみた。
途中、非常に冷たい向かい風を直接受けて、前に進まなくなったため、コースを変えて池のほうへ向かった。
ここは、山沿いになり少しは風をしのげる。
なかなか晴れきらない空、年明けからこのような状態だ。
また、雪が降るかもしれない。
朝チャリ その164(2005年走り初め)
FI869528_0E[1]

2005年になり、悪天候に初まり、勤務の関係で4日まで仕事!
4日の夜から7日まで正月返上?のスキー休暇。

やっと今日8日が、朝チャリ走り初めになった。
年末から冷え込み、完全に冬状態になってしまっている。

暖冬と言われ、異常な暑さに見舞われた初冬であったが、今年は実に温暖の差がはっきりしているように思える。

朝、切れるような冷たさの中、チャリを走らせた。
土曜日の朝であり、正月も過ぎ少しずつ通常の生活に戻りつつある連休の初日。
車はまだ少ない。

雲がかなり厚く、今にも雪が降り出しそうなくらいであった。
その雲の隙間から僅かに顔を覗かせている太陽。
その日の光を正面に受けながら、2005年の走り初めを無事に終了した。