朝チャリ その148
FI735333_0E[1]

今朝は、昨日の走行で幾分体が慣れてきたせいか、少し楽であった。
今日辺りから、勤務の関係で連続で走れそうだ。
なんとかいい天気が続いているので、とても嬉しい!

しばらくは、ショートコースで走ります。

池沿いの道、右手はゴルフ場。
今日は定休日なのだろう、芝の手入れをしているようだ。
とてもいいコースだ。 散歩するには!
ゴルフに使うのはもったない!

爽やかな風と澄み切った青空!
晩秋のひと時である。
朝チャリ その147
FI731811_0E[1]

もうすぐ12月になる。

週末からしばらくいい天気が続く。

気温は確実の下がってきているが、とても爽やかだ。

今日の海岸は、サーファーが1組準備をしているだけであったが、風が無いよ!

ただ浮いてくだけなの?といいたいところだ。

あっ!スノボといっしょで練習なんだ。

今月は、勤務の関係で走行する間隔が空くので、走り出しはちょっとキツイ!

来月からは、連続で走れる日が出来そうだ!
朝チャリ その146
FI710301_0E[1]

勤労感謝の日。

今日は、祭日である。でも誰も勤労を感謝してくれていないのである。

労働者は悲しい。つまり名ばかりの祭日は、全て国民の休日としてしまえばいい。

しかし、何かとイベントを付けたがるのが人間である。今日は○○の日とか、言って、商売に結びつけたりもする。

これもビジネスか。

話は逸れたが、今朝もとても天気がいい。

昨日は多少薄雲が広がっていたが、雲ひとつない青空だ。

雲ひとつない・・・? これは、この辺ではという事であり、どこかで雲はあるのだから、間違えなのか??

また、話は逸れてしまったが、日がまだ完全にのぼってないため、影が長い。

まだ秋だ!
朝チャリ その145
FI707081_0E[1]

久しぶりのチャリ!

いろいろと行事が重なって、なかなか乗れる機会がなかった。

今日は、ちょっと疲れモードなので、仕事はお休み!決して朝チャリのためではありません(~_~;)

今日も朝から、素晴らしい天気だ。

しかし、寒い!かなり冷え込んでいる。

海沿いも寒い!山沿いも寒い!つまりどこも寒いのだ。

いよいよ冬近し!と言ったところかな?
朝チャリ その144
FI687685_0E[1]

今日も朝から天気が良さそうだが、寒い!

とにかく寒い!

季節は、もう秋から冬へと移り変わろうとしているのだろうか。

風が冷たく、頬に当たって痛い。耳が切れそうなぐらいに冷たい!

多少風があるが、海岸の方へ走った。

サーファーが2人ほど来ていたが、寒かろう!
朝チャリ その143
FI680826_0E[1]

昨日は、とても天気が良かった。

まさに秋晴れの澄み切った青空が、朝から広がって一日中爽やかな行楽日和に包まれていたのだ。

今日は、天気予報では雨の予報。 まだ降ってはないが、曇りがちの空に少しではあるが、青空が顔を覗かしている。

とりあえず、走れる。雨が降り出す前に走れば大丈夫だ。

この時期の雨はとても冷たい。非常に冷たい。

さっさと準備をして、走り出した。

何気ない、いつもの朝チャリのスタートだが、何か変だ。

何かが足りない?何だろう?

あっ!・・・・・カメラ?そう、朝チャリの写真アップのためにいつもカメラをポケットに入れて走っているのだが、今日は忘れてしまった。

いつもであれば、途中でも戻るのだが、今日は戻れなかった。いや戻らなかった。気分的に!!!

そのため、帰宅後の写真ではある。少しばかり覗かせていた青空も今はもう雲にかぶさっていた。
朝チャリ その142
FI665682_0E[1]

今朝は、勤務時間を変更して、朝チャリへと出かけた。

朝から、天気がとても良く「朝もや」なのか、かすかに霧が立ち込めているところもあった。

なにか、高原の朝を思わせるような朝だった。

朝日がとても眩しい、登校する小学生を尻目にさっさと通り過ぎていく。

こんなところで、のろのろ走ってたんじゃ、子供の餌食にされてしまう(~_~;)

冬の訪れは、まだまだだ。
夕(ゆう)チャリ その17
FI664001_0E[1]

だんだんと暗くなってくる。まだ夕方5時なのだが!

池の辺を走る。小さな虫が顔に当たってくるのが判る。

口を開けようものなら、口の中まで入ってきそうだ。

日が暮れる前のひと時、とても寂しい気持ちになる。

一日の終わりってそんなものだろうか。
朝チャリ その141
FI651753_0E[1]

昨日の訳のわからない天気とは違い、朝から素晴らしい青空だ。

放射冷却であろうか、とにかく冷え込んでいる。風が非常に冷たい。

しかし、とても朝日が眩しい。

紅葉もそろそろ見れる季節になって来たかな?
朝チャリ その140
FI649094_0E[1]

早朝・・・もう8時を過ぎてしまっているが、夏に比べまだ暗い感じがする。

朝起きると、雨が降っていた。

今日は、中止かなと思っていたが、だんだんと天気が回復して、太陽が顔を出してきたのである。

すかさず、走った。 が、帰る頃になると、だんだん雲行きが悪くなってきて、小雨がぱらつき始めたではないか!


○心と秋の空!

池の辺を走った。風が強い、雨雲がみるみるうちに太陽を隠してしまった。

そのわずかな、隙間から顔をのぞかしている太陽、このあと、辺りは夕方とも言える暗さに変わってしまった。

しかし、帰った途端、晴れ間が出てきた(~_~;)
夕(ゆう)チャリ その16
FI644488_0E[1]

夕暮れ時!

夕チャリ、いつも同じコースを走っているが、だんだんと日が沈むのが早くなって来たように感じる。

気温も急に低くなってきたようだ。

このままだと、夕チャリが出来ない季節になるのは、時間の問題だ!

夜チャリは、装備と気分の関係でやらない。

もうじき、朝チャリオンリーとなるだろう。

もともとは朝チャリオンリーだったんだが・・・(~_~;)