朝チャリ その129
FI557587_0E[1]

今日で9月も終わりだ。

今月は、天気の関係といろいろな行事が重なり、あまり走れなかった。

また、台風も来て。今日は台風一過の青空が広がっている。

まだ、少し風が強いようだが、ここちよい。

人工の海岸へと足を向けた。

FI557587_1E[1]

朝日に向かってみると、とても眩しい。

風は潮風だが、ときおり強い風に乗って海水が混じって飛んでくる。

朝の目覚めに最高だった。
朝チャリ その128
FI546065_0E[1]

今朝は、曇りがちな天気に戻ってしまった。

天気は長続きしまいようである。

今日は、秋の海を見に行った。曇りがちではあるが、昨日より気温は高い。

ちょっと汗ばんできた。

松の木を横に岸壁から臨む海岸。 少し白波がたっている。

夏の海と秋の海、どこか違いを見つけよう!
朝チャリ その127
FI543122_0E[1]

久しぶりの出動だ。

9日ぶりの朝チャリ再開。 再開といっても天候の関係で走れなかったのだが(~_~;)

朝、倉庫に保管しているチャリのもとへと行った。

久しぶりの青空だ。気分も上々だが、チャリは大丈夫だろうか?そっと扉を開けて様子を伺う。
あっ!大丈夫そうだ。タイヤの空気もOK!直ぐに走れる。(そんなに期間経ってないのだが)

今朝は、秋の空だ。

うろこ雲というのか、とても雲の形が「秋」してる。

気温は、かなり低くなっているが、風が爽やかで気持ちいい。

もうすぐ9月も終わりだ。なんか早かった!
朝チャリ その126
FI517844_0E[1]

池の水に映る景色って、水彩画を見てるようで心が洗われます。

今朝も日差しが強く、風は涼しいのだが、残暑と秋の境目にいるような天気だ。
しかし、天気が急に変わったりするので油断は出来ない。
(油断って、特に何もしなのだが)
朝チャリ その125
FI515413_0E[1]

今日もまた暑くなってきた。
素晴らしい秋晴れである。

そろそろ実りの秋でもある。
田んぼの緑が綺麗だ、青空と実にマッチしている。

先日まで立て続けに来た台風、今のところおさまっているようだが・・・・!

食欲の秋、読書の秋、スポーツの秋、八代亜紀(~_~;)
朝チャリ その124
FI512607_0E[1]

秋晴れなのか、残暑なのか判らない蒸し暑さの朝、ちょっと遠出である。
渡船に乗って向こう岸へ渡る。
チャリ\50円、人\50、合計\100、約5~6分程度の船旅だ。

FI512607_1E[1]

船内は広くないが、チャリを置くスペースはちゃんと確保されている。
普通の日ともあって、乗船客は数人程度しかいない。
チャリを船内に置いて、後部にあるデッキでゆっくり海を眺めながら爽やかな潮風を浴びる。
とても気持ちがいい!

FI512607_2E[1]

船を降り、向こう岸にたどり着く、海沿いを少し走ると、いかにも港町らしい風景が広がっている。
ここらで、ちょっと休憩。
しばらく海を眺めた。

今日は、朝からとても天気が良かったので、遠出をやってみた。

チャリで走らないと、見つけることの出来ない景色がたくさんあるんだ!
朝チャリ その123
FI508944_0E[1]

台風の影響で、朝チャリも久しぶりだ。
秋晴れの広がる中、ちょっと距離を伸ばしてみようかと思い、張り切って走り出したが、突然雲行きが怪しくなってきた。
小雨がポツリポツリと振り出した。

女心と秋の空!

しかし、それでもめげずに走っていると、青空が空一面に広がり、まさに秋晴れの爽やかな朝になった。
夕(ゆう)チャリ その13
FI499241_0E[1]

またまた、台風一過!

夕日に向かって走った。
もう、秋の風だ。陽が沈むのか早い!
そろそろ、夕ちゃりも終わりかな?

いやいや、これからが夕ちゃり本番なのかな?
朝チャリ その122
FI485337_0E[1]

昨日の続き!

カーブを曲がると、急なのぼりでもなく、下りでもなく、緩やかなカーブと緩やかな登りであった。
右手には海が見えるのだが、はまゆうが茂っていて、良く見えない。

絶好なロケーションではあるが、左にはホテルが・・・・
朝チャリ その121
FI482428_0E[1]

♪海沿いのカーブを~ 二人を乗せたクーペ
 曲がれば~ 夏も終わる!!!♪
 <夏のクラクション 稲垣潤一>

もう、夏も終わった!
このカーブの先は・・・・。