朝チャリ その120
FI476719_0E[1]

台風一過!
小さい頃、台風一家と思っていた(^_^.)

昨日、台風が直撃した。
その台風の傷跡を見ようと海岸に出てみた。
しかし、ほとんど影響がなかったような感じだ。
ただ、砂浜の砂が道路一面に広がっているだけだった。

意外と強い、自然!!
朝チャリ その119
FI470710_0E[1]

台風、接近中!

いよいよ台風も本格的な季節となってきた。
今回の台風も大型で強いそうだ。しかも九州に上陸の恐れ有りとのこと。

やや緩い坂道を速い速度で走り抜けて行く。
大した景色ではないのだが、日差しがないので、風だけを体で感じている。
とても涼しい!あの暑い日々を忘れてしまいそうなくらいだ。

しかし、止まると湯水のような汗が・・・!
朝チャリ その118
FI459774_0E[1]

秋の訪れ!

今朝は、曇りがちの天気であり、とても涼しい。

いや、肌寒いといった感じだ。

散歩している人も長袖を着用している。

チャリにはとてもいい気候だ。

山道を下った。陽が差してないため、少し湿った感じだ。

木や葉の色が少し変わって来ているようだ。
朝チャリ その117
FI456870_0E[1]

池の辺!

雨上がりの朝、まだ湿気が辺りを漂わせている中、池の辺まで走ってきた。

天気は、まだ少し曇りがちではあるが、だんだんと回復に向かうようである。

とても静かな池であるが、何か出そうな感じだった。

直ぐにこの場を立ち去った。
朝チャリ その116
FI453975_0E[1]

崖っぷちシリーズ!

夏休みも終わりに近づくと、なぜか死に急ぐ若者が増えてくる。

この崖も落ちると、ひとたまりも無いだろう。

夏の終わりの風が少し寒く感じるのは、この崖に何かあるのだろうか?

生きたくても長く生きられない人もいる。

勝手に死ぬなんて、絶対考えちゃだめ。

誰に言うわけでもないのに、心でふとつぶやいてしまった。
朝チャリ その115
FI451291_0E[1]

曇り!

夜勤明けの朝、今にも降りそうな空模様である。
陽が出てない分、幾分涼しく感じる。
田んぼのそばを走ってみた。 案山子がいくつも立っている。

だんだん、暗くなってきた。夏の終わりを感じる今日この頃である。
朝チャリ その114
FI448424_0E[1]

爽やかな朝。

涼しい朝。

とても気持ちがいい。

やっと、チャリにとって快適な季節になって来てるような気がする。

木々に囲まれた細い路地を下っていくと、マイホームタウンへと続く道に繋がる。

今日は、軽く走った。 この涼しさを残すためにも!
朝チャリ その113
FI445501_0E[1]

サーファー復活!

今朝は、とても涼しい朝を迎えた。
走っていると、もう秋の風を感じる。

海水浴シーズンで締出されていたサーファーが戻ってきた。
この海岸は、夏休みの海水浴シーズン中、サーフィン禁止となる。
玄海灘に面した海水浴場で、とても風が強くサーファーには人気の場所である。
朝チャリ その112
FI439926_0E[1]

誰もいない海・・・・!

なんか、本当に夏が終わっちゃうんだって感じ。
あんなに暑いで、暑いでたまらなかったのに。
あっさり終わっちゃうような?

夏の思い出!
海に行った。プールに行った。キャンプに行った。チャリ三昧!
どれが一番思い出に残るだろう?

海岸沿いに設けられたサイクリングロード!
夏休み前に行ったきりだが、綺麗になっていた。

FI439926_1E[1]

遠方ではあるが、海岸手前の砂浜には「砂浜の美術館」と題して毎年行われている「砂の彫刻展」の準備をやっていた。

明日からのようだが、あいにく天候がよくない。
台風が来ると、この砂ってどうなるんだろう?
崩れちゃうのかな?
朝チャリ その111
FI437121_0E[1]

お盆も終わり。皆さん普通の生活に戻りつつあるかと思います。


1週間ぶりの朝チャリ。
天気予報では、今秋は雨の予定。
しかし、今朝はなんとか青空が残っている。午後からは本格的に崩れるようだ。
そろそろ夏も終わりに近づいて来ているようだ。

基本的には、お盆休みのない職業である。
普段通りの仕事である。
ただ、誰かが休むと、誰かが仕事に出なければならないのである。

もう、海水浴場は誰も居ない・・・はずだが。
たぶん、お盆でも泳いでいる人は居るのだ。(バチあたり)
海の家は、静かだが、もう終わりなのだろうか?

FI437121_1E[1]

この夏は、たくさんの人で賑わった海水浴場。
そろそろ終わりだな。
また、来年よろしく!
夕(ゆう)チャリ その12
FI419017_0E[1]

午後7時過ぎ、まだ薄明るい。
こんな時間に走ることは、めったにない。

明日からしばらく走れないため、どうしても時間の許す限り今日は走りたかった。

陽はもう沈み、夜の帳が下りようとしている。
早く走らないと、ライトのないチャリは危ない。

今年の夏は、凄い。

こんな時間まで走る気にさせるなんて、思いもよらなかった。

明日からは・・・・しばらく・・・・いやもっとかも?


では、またいつか・・・・・・・!






チャオ!!
朝チャリ その110
FI414922_0E[1]

今朝は、かなり気温が上がっているように感じる。
ちょっと時間を早めたが、暑い。

陽はまだ上がり始めたばかりであるが、もう道路は暑くなっている。
今日は自分の影を映してみた。