朝チャリ その106
FI391248_0E[1]

夜勤明け!

台風接近中!もう夏も終わりか!!!

こんな日に海に行くやつの気がしれん。
だから私は行かない。田んぼ道を走る。

自分の身は自分で守れ!!

 以上
朝チャリ その105
FI388673_1E[1]

今月は、ちょっと走りすぎじゃ(*^^)v

今日で「朝チャリ」「夕チャリ」合わせて23日目だ。
通勤に使ってる訳ではないので、普通じゃそんなに走れない。
しかし、勤務の関係で仕事前後に余裕が出来てしまったので、その有効な時間をチャリに使う。
去年まで週末しか走れなかったが、今年からは違うのである。

台風の影響がまったく無い。

波も穏やかで、風も心地よい!
しかし、日差しは強烈なのだ。
特に海沿いは紫外線が強いようだ。

漁港に寄って見た。
時間が遅いので、船はみんな戻ってきている。
堤防には釣り人が。
週末を迎える前の朝、みんな仕事に汗流しているんだろうな。

夜勤帰りのちょっと眠たい目をこすりながら見る海はとてもまぶしい。
朝チャリ その104
FI385878_0E[1]

夏の海!
もう一ヶ月以上は走っただろうか。今年はあまり変化を見せない。
去年の方が、変化に富んでいたように思える。
夏らしい夏!本来、夏の海ってこんなに静かなのだろうか。

海へと続く坂道。何回、何十回、いや何百回も通っている。
何年も変わらない景色。
四季はあっても海は海なのだ。
ただ、人間の演出によってだけ、季節感を感じる。

今日もあまり人が居ない。
朝チャリ その103
FI383097_0E[1]

夜勤明けの朝、少し雲が出てきた。
時間的にはもう日が高くなっているが、多少雲があるためか、少しはしのげる。

夏の入道雲に重なるように雨雲らしきものが近づいてきているが、雨が降るほどではなかった。
次第に雨雲らしきものが通り過ぎていき、青空と入道雲が広がってきた。
朝チャリ その102
FI380697_0E[1]

1ヶ月も続いたこの天気。そろそろ切れ掛かってきているような、そんな感じを思わせる朝である。
少し曇りがちではあるが、気温はまだまだ高い。
ウィークデイの朝、海岸を走らせると、今日は海水浴に来ている人はまだ居ない。
清掃の人が数人、海岸周りのゴミの袋を片付けている。
まだ、夏の真っ只中であるが、あまりにも長い猛暑の日が続いたせいもあり、今日はなぜか残暑の気分だ。

去年は、冷夏で海の家は散々であった。
つぶれたところもあり、そこは今年夏前に完全に建物そのものがなくなっていた。
今朝、海の家の前を通りがかった。

週末になると、賑わいを見せていた「海の家」もまだ早朝のせいか、閉まっている。
建物は小屋そのもので、飾りっけはまったくない。何年も営業をしてないような雰囲気を漂わせている。
しかし、オープンすると「浮き輪」や、「氷」ののぼりなどを下げ、窓をフルオーオープンにして、いかにも「海の家」に見せるのだ。

外観上は、何も手加えてないところをみると、去年のこともあって、お金をかけられないのだろう。

さあ、いつまで続く!この暑さ!!
朝チャリ その101
FI378226_0E[1]

今朝は、何事もなかったのように走り出した。
今日から100の大台を超えて、次の目標?に向けて再スタート!

月曜の朝でもあり、車もいささか多い。
いつものコースを走り、普段なら車道を横断して海の方向へと行くのだが、今日は車道を走る車が途切れない。
スピードを落としながら様子を伺うが、いっこうに途切れない、それどころか中途半端に間隔をあけて走るものでまったく入る隙間なし。

そうこうしているうちに、横断する箇所を過ぎてしまい、車の流れのままに車道へと入ってしまった。
今日は、まったく違うコースだ。車道を車の横をドキドキしながら走り、車の少ない造成地へとコースを変えた。
目の前に造成のため切り開いた山の一部が見えた。
まさに刈り上げ状態だ。夏のために刈り上げか?

FI378226_1E[1]

いや、あたしんちのお母さんそっくりだ!

近づくと、こんな感じ!
朝チャリ100回目
FI375701_0E[1]

今日も天気がいい!
今年は、雨が少なかったせいもあり、よく走れた。
DOBLOGに書込み始めて、「朝チャリ」として今日で100回目を迎えることが出来た。
今年の2月、冬の時期に書込み始めたころは、雪が降っていたのに、DOBLOG通算100回目を迎えた今は、真夏の真っ只中である。

■朝チャリ その1(2004/02/01) DOBLOGを始めた頃で、何か書くものがないかと考えてたころだった。

とりあえず、100回目という節目かな?

木のトンネル!
車1台がギリギリ通れる道である。
山沿いであり、木々が日差しを遮ってくれてとても涼しい。

FI375701_1E[1]

池沿いに出来た板張りの歩道。
こんな暑い日は誰もいない。
いつも走行中の写真ばかりなので、100回目にして停止中の写真を掲載してみた。
日差しが強く、吹く風も温かい。
蝉の鳴き声が、うるさくもあり、懐かしくも思える。
やはり、夏は蝉に鳴いてもらわないと、感じが出ない。

■朝チャリ その49(2004/04/12) ばんざ~い!このようなお地蔵さんもいた。なんか祝福されているようだった。

さあ、明日からどうしよう?
朝チャリ その99
FI372956_0E[1]

朝の爽やかな風!
とても気持ちいい。
今朝は少し薄曇り気味であり、日が少し翳っている。
しかし、天気予報では気温は36度まで上がると言っているので、だんだん暑くなるだろう!

さあ、あと1回だ!!
夕(ゆう)チャリ その11
FI371539_0E[1]

夕方になり、海水浴場には帰る人達がまばらに居る。
4人くらいの若者たち、子供を連れた母親、それぞれにこの暑い夏を楽しんでいる。
まだ日は高いが、走ると風を全身に浴びてとても涼しい。
いつまで走れるかと思ったが、意外とまだまだ行けそうだ。
この暑さをクリア出来れば、もう大丈夫だろう。

では、週末に向けて、スタミナを付けよう。
夕(ゆう)チャリ その10
FI368599_0E[1]

久しぶりの夕チャリである。
今月初めてだろうか。
朝チャリ100回目を目前にフェイントをかける訳ではないが、夕チャリしてきた。
これは、朝チャリのカウントには入らない。
陽が沈む時間が遅くなった。しかし暑さは収まる気配がない。
多少風があるため、走行中はなんとかいいのだが、止まるとたまらない。

夕日シリーズ。
海に沈む夕日、とても好きである。
ああ一日が終わったんだなぁって感じがする。
水平線に沈んでいく様は、なんとも涙を誘うものだ。

さあ、また明日頑張ろうって気になるのである。
朝チャリ その98
FI361764_0E[1]

連休の海水浴のあと・・・(~_~;)
この暑さにこのゴミはたまらない。
綺麗だった海はどこへ?

ごめんなさい、きたないものを見せてしまいました。
でも、ちゃんとこのあと清掃車がゴミを持っていきました。

この書込みしたあと、ログオフで確認すると記事が無い?
昨日一日、「下書き」の状態になってました(^-^;

さあ、あと2回!
朝チャリ その97
FI356455_0E[1]

海水浴場には、もうお客さんがゾロゾロと入りだして来ている。
いよいよこの海水浴場も本番を向かえる。

思えば、今年の2月(朝チャリ その2)に走った時には、まだ冬で、ものすごく寒かったのだ。
今年は、この海で泳げるといいなぁ!と思ってた。
もう、その時が来ているのだ、早いのだろうか、どうなのか判らないが・・・!

朝チャリ100まであと3回を残すことになった。
長かったようで、あっという間のような気もする。

2月にDOBLOGに書込み始めて、約半年。
やっと100回を向かえる手前まで来た。
別に朝チャリをメインにDOBLOGを始めた訳ではないが、いつの間にか!

あと、3回!

(ここまで、見てくれた方たちへ、感謝!感謝!・・・・ありがとう!)