FC2ブログ
朝チャリ その96
FI353847_0E[1]

久しぶりに夜勤帰りである。
かなり陽が高くなっていて、暑い。
寝てないせいもあり、頭がぼーっとしている。
風が気持ちいいせいもあるのか、そんなに暑さを感じなかった。

何となく、いつもの道を走る。空が青い、緑が濃い、風が温かい。
今日は、海に行くのは避けた。

体力の関係も有り、早めに戻った。
しかし、何か忘れているような気がする。何か物足りないのだ。
頭がすっきりしてないからかもしれないが、どうもしっくりいかない。

いろいろと考えているうちに家にたどり着いた。
何を忘れているのだろう?

あっ!カメラだ(~_~;)
そう、いつもチャリには欠かせないカメラを忘れていたのである。

仕方ないので、帰宅後に撮った家の前の写真。
涼しくもなんとも無い。
チャリ100回目を前にして、とんでもないミスをしてしまった。
 :
 :
 :
 :
そろそろ「DOBLOG」も卒業かな?
朝チャリ その95
FI350697_0E[1]

涼しげシリーズ「草原とフェニックス」

暑さは、昨日よりさらに増しているような気がする。
今日は、さらにスタートを早めようと思ったが、朝いろいろとやっているうちに、結局昨日より遅くなってしまった。
日差しは強いが、風が多少あり、走っているととても涼しくも感じる(一時的に)

フェニックスといえば、南国って感じだが、前にもフェニックスを写していたことがあった。

・朝チャリ その30
・朝チャリ その51

草原というほどではないが、芝生の広場である。
フェニックスもそう多くは立ってないが、何となく絵になっている。
しかも素晴らしい青空だ。
このまま、芝生でゴロンとなって寝ていたい気がするが、暑い(~_~;)
朝チャリ その94
FI348078_1E[1]

とにかく暑い日が続く!
だんだん、いいのか悪いのか判らなくなってきた(~_~;)
去年までは、仕事の関係で週末しか走れなかったが、今年は随分と状況が違うのである。
しかも、こんな猛暑の中ほとんど毎日のように走っているが、体がどこまで持つのか判らない。
スタミナが切れ掛かってきているのか、途中気分が悪くなる。

さらに2~3日前から、なぜだか右手首が痛い。筋を痛めているようである。
何もしてないはずだが・・・?
しかし、良く考えて見るとチャリで走っているときに手首にかなり力が入っていたのかもしれない。
しかも、右手は時折カメラ携帯を持つし、最近は水分補給のため、走行中に右手で後方のボトルを外す際に手首を多少ひねっている事もある。
体のあちらこちらに障害が出てきているのかもしれない。
まずは、100回目で総点検かな? 暑い!暑い!と言うと余計に暑く感じる。
この夏は、しばらく「涼しげシリーズ」で行こう。

透き通った水!
とても綺麗である。週末や夕方は家族連れで賑わう海岸だが、夏休み前であり、普通の日の朝は誰も居ない。
小さな魚が、人が居ないことをいいことに泳ぎまわっている。
自然に出来た砂でなく、よそから持ってきた砂だからだろう、とても綺麗である。

FI348078_2E[1]

波打ち際にもゴミ一つ落ちていない。
いや、きちんと清掃しているのだろう。
4~5m先には防護網と浮きが設置してあり、そこから先へはいけない。
だから、小さな子供でも安心して入れる海岸だ。

しかし、怖いのは人間だろう。
朝チャリ その93
FI345429_0E[1]

朝から気温は、うなぎのぼり状態。
昨夜からあまり温度は下がってないのだろう。
今日は、1時間程早めて「7時15分」にスタート。既に陽は登っているが・・・(~_~;)

路面は、太陽の熱でもう熱くなってきており、その照り返しがたまらない。
しかし、風はまだ冷たい。せめてもの救いである。

澄み切った青空。本当に青いのである。
ここしばらくは、「水色」の空しか見てない。
昼間になると紫外線が強くなるからだろうか?
直接目で見た「青」とカメラに映し出された「青」は違うが、今日の「青」は目で見た「青」と同じ色が出ているようである。

空、空、空・・・である!

明日は、もう少し早めようかな?
朝チャリ その92
FI343115_0E[1]

★情熱!熱風!セレナ~デ!★

今日は、朝から熱風だ。暑いなんてもんじゃない。
暑いから、海から池の方へ向かった。
池なら木々が茂っていて幾分涼しいだろう。
池の周りを走るサイクリングロード。
周りに木があるためとても涼しい。
朝は、お散歩中のお年寄りか、ランニングのおじさんしかいない。

FI343115_1E[1]

とこどころ、木のないところもあり、直線道路となっている。
左に「池」を右は斜面になっている。
ガードレールがあるため、はみ出して落ちることはない。
それにしても素晴らしい青空だ。
多少熱いが風が気持ちいい。

FI343115_2E[1]

帰りに、小さな池の辺で休憩。
水草がかなり多いが、木々の陰になっていて、とても涼しい。
今日は、ちょっと時間をかけて走ったが、もうちょっと早い時間に出ないと、帰りは暑くてたまらない。
朝チャリ その91
FI340769_0E[1]

梅雨が明けた~~~!さあ、夏本番だ。
今年の夏は、あれもしたい!これもしたい!あれもしなくちゃ!いや、こんなことも!あんなこともやってみたい!それもやりたい!
と、思っているうちに終わっちゃうんだよな(~_~;)

昨夜は久しぶりに飲んだ。
最近、年(~_~;)のせいか、次の日に残る。今朝は最悪だ。
頭は痛いは、むかむかするはで、まともに起きられなかった。
起きて、しばらく横になるがなかなか回復しない。
今日は朝チャリ休もうかと思った。

しかし、とりあえず、チャリに乗ればなんとかなるかな?と思い、体に鞭を打つように走らせてみた。
汗がにじみ出てくる。昨日のお酒が含まれているのだろうか、ちょおとアルコールの臭いがするようだ。
風が心地いい。汗を吹き飛ばしていく。
だんだん、体が回復していくのが判る。
なんだ、無理してでも走れば良かったんだ。
いつもの状態に戻っていく。良かった。

夏も本番となり、暑さはうなぎのぼりだ。
道路の照り返しはたまらない。
ちょっとでも涼しく感じるよう、景色を流し撮り。
スピード感があって、少しは涼しく感じるだろうか?

FI340769_1E[1]

夏を感じる景色!
草の臭いと、焼けた道路の臭い!
どこまでも続く青空!

ああ!夏なんだ!!

さあ、100回目指してファイト!!
朝チャリ その90
FI338414_0E[1]

いよいよ夏も近し!(こればっかり)

海の家!オープン!!
やっと、夏らしい季節を感じることが出来る。
「氷」の文字に吊り下げられた「浮き輪」、夏の風物詩だ。
まだ、朝早いこともあって人はまばらだが、今日は日曜だから、かなりの人が見込まれるだろう。

FI338414_1E[1]

しばらく、夏を感じながら、シーサイドロードを走り続けた。

しかし、あっという間に夏も終わってしまうんだろうな!
そう思うと、ちょっと悲しい気もする。
朝チャリ その89
FI331257_0E[1]

天気予報では、雨!
しかも、昨日の天気予報でも、今朝の天気予報でも’雨雨雨雨’である。
しかし、朝起きてみると、青空が広がっている。
多少路面に濡れたあとがあるので、明け方には降っていたのかもしれないが。

昨日の天気予報では、とにかく雨と言っていたので、今日は朝から病院に検査(別に悪いと言うわけではないです)行こうと思い、夜から何も口にしてなかったのに!
昨日より天気がいいじゃないか。

ということで、食事抜きで軽く走った。

先日の大雨でため池の水もかなり多くなっていた。
ここに何か生き物がいるかは判らないが、たまに釣り人が来ているようなので、魚が居るのだろうか?
周辺が木に覆われて日差しを遮っており、ヒンヤリとした冷気が漂う。
決して霊気ではない。
多分この天気も午後には崩れるだろう。
しかし、昨日も午後から崩れると言っておきながら、結局崩れなかったのだ。
梅雨が明けるか否かの時期であり、ここで大雨でも降って、これで梅雨明けだよって言って欲しいものだ。
いつまでも降るか降らないかわからない状態で、結局梅雨が明けた模様ですなんて事になるのが見え見栄ではあるが。
朝チャリ その88
FI328740_0E[1]


朝から晴れ間が広がっている。
水曜日という週の半ばであり、車の量も少ないような気がする。
綺麗に整備された道路。
特に郊外では良く整備された広い道路が多い。
車の通りが少ないので、車の通り過ぎる合間を狙って、ちょっと道の真中を走ってみた。

あまり面白くはなかった(^-^;

FI328740_1E[1]


もう既に週末は海水浴客で賑わっているが、この人工の海浜は幼児用である。
数メートル先には、もうブイが置いてあり、その先は行けないようになっている。
そのため、砂浜で遊ぶか、大人であれば腰あたりまで漬かって、子供と遊ぶかである。
この横にある駐車場は無料であるが、夕方6時には閉鎖され、車両の入退場が出来ないようになっている。
ああ!早く海に漬かりたい。

FI328740_2E[1]

今日は、午後から天気が崩れるということだったため、朝はとにかく暑いぐらいの天気に恵まれた。
しかし、チャリから帰る頃には、だんだんと雲が広がってきて、雨がパラパラと降り出した。しかも涼しい。
天気が崩れるのが早いのだろうか、そう思っていた。
しかしこのBLOGを書いてる時間、外はまたカンカン照りに晴れている。
何だったんだろう?あの雨!

今日は7月7日。七夕である。
しかし、今年も天気が悪いようで、「おりひめ」と「ひこぼし」は会えない。
いや違う。
雲は、地球上の一部に広がってるだけで、たまたま見えないだけである。
「おりひめ」と「ひこぼし」は、折角2人だけで逢うのに、皆に見られるなんてイヤだから、わざと雲を広げて、見せないようにしているだけだ。
うん、そう!きっと、そう!
朝チャリ その87
FI317861_0E[1]

台風接近中です。
週末、天気崩れるのはイヤです!

チャオ
朝チャリ その86
FI315369_0E[1]

今日は朝から日差しが強い!と思ったら、あら曇ってきました。
そのためか、幾分涼しい感じがします。
どうやら、週末は天気が崩れるようだ。なんで?(-_-;)

と、考えつつ走っていたら、あら?私はどこを走ってるんでしょう。
今年、海沿いにオープンしたチャペルである。
まだ朝が早いこともあって、誰も居ない?開いていないだけか。
この石の道を突き進むと水上のチャペルがある。
別にいいのだが。

だんだん、暑く感じるようになってきた。
走っていると、汗をかいていないように思えるが、実は出た汗をサイクルウェアが吸い取って、蒸発させているのである。
だから、T-シャツのように汗が溜まって重くなったり、冷たくて気持ち悪くなんてことにはならない。
汗を出してくれるのはいいのだが、何もしないでそのまま走り続けると、突然体の動きが鈍くなる。
脱水症状なのだ。

この時期になると、必ず水分補給は不可欠である。
チャリ用のボトルに飲み物を入れて走る。
それを走行中少しずつ口に含む。すると、難なく距離を走り続ける事ができる。
水分を補給しながら走ることで、発汗と補給を繰り替し、持続されることが出来るのだ。
もちろん、ただの水だけでは、ダメです。塩分など汗の成分をちゃんと補給しないと。

今日は、VAAMを入れて走った。
朝チャリ その85
FI312601_0E[1]

いよいよ、7月になった。
朝と言っても、今からだんだん暑くなってくるだろう。

今朝の走り始めは、日がかげっていて、幾分涼しかった。
この時間、小中学生の登校時間と重なり、集団を避けて通らなければならない。
5~10人ぐらいのかたまりになって歩いているので、列を横断するときは、その合間を狙って、走り去る。
目の前で止まろうものなら、何を言われるか判らないのだ。近頃の小学生は(~_~;)

キラキラシリーズ

別にシリーズ化しているわけではないが、朝日が海に照らされてとても綺麗なのだ。

まだ、朝晩は涼しく過ごしやすい。しかし、やっぱり夏は近いのだろう、帰りはかなりの暑さになっていた。

止まると、汗が湯水のように流れてきた。さあ!シャワーだ!!