FC2ブログ
夕(ゆう)チャリ その4
FI240840_0E[1]

梅雨の晴れ間といってもあまり蒸し暑くない。
今日は、晴れとは言っても午後から曇りがちになってきたが、なんとか雨もふらずにもってくれた。
夕方といってもこの時期、そんなに暗いものではない。
海岸沿いを走ると、風が少し冷たい。
潮が引いているのか、砂浜がかなり奥まで見える。
まだ水溜りが少しあるのは、天気の割にはそんなに気温があがってないせいだろうか。

6月初めてのチャリ、いささか緊張気味で走らせたが、仕事後の体は夕食前とも重なって、あまり思うように動かない。
疲れているのだろう。

FI240840_1E[1]

帰りはコースを変え、山道へと入った。
風が遮られた道は、少し温もりを感じる。
風が草の臭いを運んでいるのか、かなり強い臭いだ。
夏の臭いとでも言うのだろうか。
思いっきり酸素を吸い込み、吐き出す。
体全体に酸素が回るのを感じることが出来る。

FI240840_2E[1]

梅雨の風物詩「あじさい」。
帰り道、途中に「紫陽花」を見つけた。
季節を感じる。
やはり季節は変わっているのだなと思った。
自然界は素直である。

自分もそんな気持ちでいたい。