FC2ブログ
朝チャリ その29
FI108095_0E[1]


馬鹿セルシオ
別にセルシオがきらいな訳ではないことは、言っておこう。

今日は、昨日までの陽気がどこに行ったのか、気温が下がり曇りの天気になってしまった。
でも、平年並みの気温だそうだ。

夜勤明けでもあり、ちょっと距離を短めに走った。
帰り間近の道路上での出来事。

向かい風にハンドルを取られながら、寝ぼけ眼の目をなんとか開いて、快適に走行してた。
いきなり、後方よりけたたましいクラクションの音。
一瞬、追突されたか、事故か?何が起こったか判らない状況に陥ってしまった。
夜勤明けで寝てないせいもあり、心臓が一瞬止まったかと思った。

何のことはない、後方から車が追い抜いていっただけだ。しかも、充分に2台の車が離合できる道路である。自分が別に道の真ん中にはみ出して走ってたわけでなく、左端を20km/h前後で真っ直ぐ進んでいただけなのである。
クラクションを鳴らせばいいってもんじゃない。

通り過ぎて行った車は紺色のセルシオであった。
ちょうどその先にはゴルフ場がある。(今日は金曜日)
私は、あとを追いゴルフ場の駐車場まで行った。
やっぱり居た。
中から、スーツ姿の50~60ぐらいの男とスーツの上に作業着を着た同年代ぐらいの男が二人降りて来て、ハウスの方に入っていった。

どうせ、社用車を私用に使って来たのだろう。
頭着たので、写真を撮ってきた(意味はないが)

馬鹿セルシオ