FC2ブログ
朝チャリ その23
FI99123_0E[1]




赤影、青影、白影ではないが、自分の影を見てみると、影ってモノトーンであり、濃淡がない。
つまり輪郭だけをかたどって塗りつぶしたようなものであり、塗りつぶした背景が映された対象物のテキスチャになっている。
背景が道路であれば、アスファルトの影である。

鏡と違って、リアル感がないだけに色々と空想できるのであるが、動きのない影ほど空想をかきたてるものはないようだ。

自転車に乗って、自分がペダルを漕いでいる姿を影に映してみた。
これは、あくまで自分が自転車の乗ってるという前提だから判るのだが、実際は自転車と人間の位置関係は影では表せられない。
本当は自転車の後ろ側、もしくは前側でポーズをしているのかもしれない。

しかし、写真では自転車を押して歩いているようにも見える。
つまり、太陽と自転車とそれを映し出す道路との位置関係から、前方へ間延びしたような影になっているため、後ろ足がペダルに乗っていないように見えるのだ。

と、いろいろ考えながら走るのも楽しいのである。