FC2ブログ
チャリ、お休み・・・
体調不調のため、2週間?ぐらいお休みします!
たまには休養も必要かと・・・
サイクリングSNS
先日ゲットしたサイクルコンピューターですが、走行データをPCに取り込める。
PCと連携できるとのことだが、正確にはWeb上へ取り込めると言ったほうがいいようです。
PCからデータを見ることは出来ないようです。

昨日は、雨だったので、取り付けだけを済ませて、走行は行なってません。
で、なんとか、今朝は雨も止んだようなので、早速テストランです。

■取り付けたところ
SANY0073.jpg

旧メーターと併用してますが、新メーターは日付表示部分が大きくとってあり、速度等は小さめに表示されるようです。
それに旧メーター側で積算距離の管理をしてるので、そのまま使用することにして、速度は旧メーターを見て、時間と消費カロリーを新メーターで見るというやり方が良さそうです。

速度を比較してみましたが、計測精度は同じようです。

雨上がりかと思ったら、まだ少しぱらついてたので、ちょっと冷え込んでます。
久しぶりのまとまった雨で路面はびしょぬれ状態。

折角、現役復帰させたメインのチャリが・・・

■データのアップロード
SANY0063.jpg

帰って来て、メーターをクレードルにセットするだけで、データのアップロードが始まり、webが開きます。
このwebというのが、「サイクリングSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)」になります。
つまり、mixiの自転車バージョンと言ってもらったら判り易いかと・・・

これも会員制なので、一般の人からは見ることは出来ません。
その会員というのが、このメーターの登録ユーザーのみなのです。
だから買わないと、登録できない仕組みです。

■今日の走行距離
20080603.jpg

今日は軽く走った程度なんで、こんなもん!
簡単にグラフ表示が出来るので、素人にはよさげです。

■日記機能
20080603b.jpg

横に走行グラフが小さいですが、表示されます。

で、このSNSですが、注目すべき点を挙げてみると・・・

・これは基本的にはブログである。しかもSNSなので会員制であるが、無料である。
・しかし、正確には、e*metersを買わないと入会できない。
・ブログ機能としては装飾に乏しく、カスタマイズ性は今のところほとんどない。
・しかし、普通のブログと違って、走行データが自動でアップロードされて公開される。
・この走行データが、他のSNSにはない大きなポイントである。

・走行距離に応じてCO2削減のポイントが加算されていく。
・車で4.3km走行したら、1kgのCO2を排出するらしい。
・つまり、チャリで4.3km走ると、1kgのCO2を削減できるので、それを1ポイントとして蓄積。
・地区別、全体、イベント毎にどれだけのCO2が削減できたか、確認できる。
・こうして目に見える形にした効果は大きい。エコロジーである。

・いろいろなチャレンジが出来る。
・チャレンジとは、自分もしくはグループで、ある目標(距離と時間)を立てて、それを実行することである。
・達成できれば、メダルが獲得できる(web上架空のメダルだが)
・銅メダル10個で銀に、銀メダル10個で金になるようだ。
・つまり、目標達成に対しての褒美だそうだ。
・しかし、その褒美はあくまで自己満足である(笑)

・イベントに参加出来る。
・このイベントでもランキングが表示されるため、離れていても全国の参加者とレースをやってるような感覚を味わえる。

・毎日、県別のランキングが表示されるので、個人の励みがグループ、もしくは全体に利益をもたらす結果となる。

・友達が出来る。
・mixiと同様、マイミクのようなものがあり、友達の輪が増える。
・しかも、みんなチャリ関係者である。

・グループを作れる。
・これもmixiと同様、コミュニティに参加できて、グループ単位で目標を立てられる。

・非常に面白企画であるが、最大のネックはユーザー数。
・現在、1600名程度と、まだまだ発展途上中!!


まあ、とりあえず、レポはこんなところです。
あとは、実際に会員にならないと・・・

http://www.emeters.jp/
サイクルコンピューター「e*meters」購入!
今回ゲットしたのは、チャリ用のサイクルコンピューターです。

サイクルコンピューター、かれこれ10数年以上使ってるけど、最近になって、ケーブルが切れたりと不具合が生じてきて、もう補修部品もなくなってしまってるので、この際新しいメーターに変えようかと・・・

最近のメーターは安いものでもカロリー表示があるし・・・

もともと朝チャリを始めたのが1996年
今から12年前になります。

そのころから、ずっと記録を取ってます。

「走行距離」「コース」「時間」「コメント等」を毎回、データベースとして叩き込んできました。
毎日乗ってるわけではありませんが、12年分となると、これまたこの「朝チャリブログ」よりかなり長いわけで、私にとっては貴重な記録です。

■アクセスでのデータ管理
8545779_3621031077[1]


ここまでやる必要があるのか・・・とも言われそうですが、少しでも思白いかな?と思ったら、とことんやってしまう性格です。
本当に続けるつもりは無いのに、結果がこうなっちゃったってのが多いです(@私)


で、サイクルコンピューター、検討していると・・・
ちょっと面白そうなメーターがあったので、とりあえず購入してみました。

■e*meters(by BRIDGESTONE CYCLE)
8545779_1859709383[1]


一見、普通のサイクルコンピューターとまったく変わらないのですが・・・

■クレードルを繋いだところ
8545779_2172922787[1]


PCと繋げられるところが、なかなかいいじゃないですか・・・
ネットと繋げられるチャリのメーターとしては、初の試みです。

e*meters(by BRIDGESTONE CYCLE)のサイト

しかし、走行データが公開されちゃうのって、さぼると、ちょっとはずかしい立場に追いやられそうな感じですよね。

まあ、それは当然納得の上なので、自分への戒め(笑)

■Webでのイメージ
8545779_3480828653[1]


まだ、データが無いので、自分のは見れませんが、表示画面の一部は、Web上でこんな感じになるようです。

活用しますよ・・・
まだ、取り付けも、走行もしてないので、レポは後日ということで!

ガソリンも値上げしていくことだし・・・

CO2削減に貢献していきましょう!!

にほんブログ村 自転車ブログへ
GPS+PSPでチャリNAVI-2:走行編
PSP+GPSを持ってチャリで出かけてきました。

3df95570be293716c157b6b0f1bcd33c[1]

このGPS、やはりただ者ではないことが判りました。
軌跡がデータとして残せるということは、データをうまく活用すればいろいろな分析が出来るわけです。

今回、この「MAPLUS」で取り込まれたデータを別ソフト「カシミール」で読み込む方法があったので、試してみた。
この「カシミール」、フリーソフトながら、かなり高度な地図ソフトである。

この中で、読み込んだデータ(トラックデータ)を編集する機能があり、編集モードにすると、この機能だけでデータの分析が出来ることが判った。

PSPに搭載された「MUPLUS」にて取得されるデータは、以下のデータです。

(1)緯度
(2)経度
(3)標高
(4)標高差(m)
(5)時刻
(6)時間差(s)
(7)距離(km)
(8)方位(度)
(9)速度(km/s)

これは、位置と時間以外は、ほとんどが計算されたデータだろう。

これで、グラフ表示が自動で出来るのだ。

■分析グラフ その1
【横軸:距離(km)、縦軸:標高(m)】
2dbd62f4edc3c9175c6ff6df89994da8[1]


このグラフで、チャリで走ったルートの高低差がわかり、このコースの難易度が示される。
結構アップダウンがあるように見えるが、計測精度の問題もあるので、小さな動きは無視した方がいいようです。
このグラフから、走り始めは、比較的下りが多いですが、中盤ぐらいと後半に登りがあるのが判りました。

■分析グラフ その2
【横軸:時間(実時刻)、縦軸:速度(km/h)】
37cb88cfedb7280662f4c2694ecae9f3[1]


このグラフで自分のペースが掴める。
どれぐらいの速度で走っていたか、全て判ります。
途中速度が落ちてるところがありますが、ここは海で停車してたところです。
後半は、少し速度が上がっているようです。

■分析グラフ その3
【横軸:時間(実時刻)、縦軸:ペース(km/h)】
7c9e63f432192fb20112c5ae83e99e35[1]

このグラフは、上の速度と似てますが、速度のペースを示したもので、ペースが落ちると、下がってきます。
真中のペースが落ちてるのは、海で停車していたときのものです。

こうして、今回データを分析してみると、トレーニング器具としてもりっぱなマシンであることを確信しました。

これを使えば、カーナビというより、トレッキングやサイクリング、トレーニングにも充分活用できそうです。

[試走編はこちら]
GPS+PSPでチャリNAVI-1:購入編
いまさら、PSPと言いたいとこですが、ゲームするために買ったわけではありません。

■PSP+GPS
4713cf10634096a7b19fa5a2bf842d32[1]

色は、シルバー!
GPSユニットは、アンテナ面が白ですが、接続部分がメッキ処理されてます。
意外と、ユニット本体は小さく幅が25mmしかありません。
ff62201763a7b8d7d233b945d0bea8d4[1]

なぜ、今さらPSPなの?ってことだが、ゲームをしない私にはゲーム機としての魅力はなく、メモリープレイヤーとビデオ、ネット機能で、一時は購入を検討したこともあった。
そのうち、「ipod」に物欲心が移ってしまい、PSPなんて私の脳裏上完全に消え去っていた。
しかし、去年の末に発売されたPSP用「GPSユニット」
なんと、ソフト込みで1万弱なのだ。

カーナビは持っているが、カーナビは車に乗らないと使えない。

普段でもちょっと使えるという意味ではGPS携帯なんかもあるが、パケ代もかかるし、何より重要なことは、GPSは地図がメインだから、画面の小さい携帯はとてもじゃないが使いにくい。
まあ、持ち運びできるナビなんてのもあるが、その機能だけに購入するのは高すぎる。

あくまで、ナビでなくGPSということを強調したい。
ナビゲーションとして使うには、かなり厳しいものであることは、いろいろな情報からも納得済みであったし、この値段でナビを期待するのは無理と言うものだ。




■GPSでチャリンコ
今日何を試したかと言うと・・・・
チャリナビ?
いや、ナビと思ってないので、「GPS付きチャリ」

d8e7fb7f1bfbc579ec32f990959af13a[1]

で、この端末(PSP+GPS)を使って、チャリの軌跡をどこまで追えるかというのを試したかった。
軌跡がうまく取れれば、チャリで好きな道を探して走ったあとに、帰ってどこをどう走ったかを確認できるからだ。

今日は、少し雨模様。
チャリのハンドルに取り付けるわけには行かないので、今日は起動した状態でウェアのポケットに入れて走った。
つまり、GPS受信機を背負って走ったわけである。

走行中は、画面を見れないので、帰ってからのお楽しみということで、吉とでるか凶とでるか、ワクワクしながら走った。
車道だけでなく、車があまり通らない細い道なども走ったりした。

■結果・・・・・
3cb565dfb2a023ed92f11a6972b511a1[1]

おお~~~~!予想外の能力発揮!!
写真にあるように、見事に走ったコース全部の軌跡を記録していたのだ。

このソフト、データをメモリーに記録するので、このデータを使ってメーカー・サイトにある「あしあと(移動ログ)を地図表示」機能により、詳細な地図上に軌跡を表示させることができるのです。
写真のように見事に周回コースの軌跡を描いてくれた。

精度は、あまり期待してなかったが、なかなかいいところいってるようですよ。

性能から、あまり速度が遅いと計測誤差がでるようなので、徒歩よりチャリの速度程度がいいように思われる。

これだと、キャンプ場なんかでも楽しめそうです。
チャリとGPSでオリエンテーリング・・・なんて!

あとは、地図ソフトがあまりにもしょぼいので、それなりのソフトの発売が楽しみですね!